2012年3月4日日曜日

幸せな香り

今週末、我が家は外に一歩も出ていません。
おととい妻が首を痛めて以来、外出ができない状態が続いています。
自分自身も右足のギプスが取れない以上、車も運転できませんからね。(ホントは今日「駿府マラソン」に参加する予定ではあったのですが、この状態ではどうしたって走れませんしね。)
こういう時ってテンションが下がりがち、外は一日中寒く、曇ってましたし(静岡も夕方から雨です)。
だから、夕食と明日のお弁当の準備をして、そしてケーキを焼いてみました。

先日、妻がJAの「じまん市」で買ってきたフィグ(いちぢく)のジャム。これが甘さ控えめなのでヨーグルトに向いておらず、「ケーキにしようか?」と二人で話していたところ。今回、これを使ってみようと。
レシピは『Paris発、パウンド型で50のケーク(シリコン製ミニパウンド型付)』を参考に。

普段妻が焼いてくれるパウンドケーキは砂糖もバターも控えめですが、今回はレシピ本の配合率になるべく近い分量に調整。とは言え、フィグのジャムが入ってるので、砂糖は控えめに。

じゃーん、こんな感じに焼けました。
冷蔵庫で記事を寝かせた効果か、生地はしっとりフワフワ。で、表面はサクサク。
幸せな香りが家中に充満したおかげで、二人のテンションも急上昇。
いいですね、焼き菓子とか。
また今度「メニアック」なクッキーにでも挑戦してみようかな?
フィグのケーキ
おととい妻が首を痛めて以来、一歩も外に出ていない今週末。首と背中の痛さ故、妻が部屋の真ん中で寝ている…。こういう時ってテンションが下がり易いので、ケーキを作って幸せな香りで家を満たしてみようと。

0 件のコメント:

コメントを投稿