2011年12月27日火曜日

Frohe Weinachten!!

今年のクリスマスは例年にない大寒波、みなさんクリスマスはいかがでしたか? 我が家は連日豪華な食事となりました。 はじめは、実家でのクリスマス“イヴ”ディナー。家族7人で富山のます寿しなどを囲んでの一風変わったご馳走で、その後にはパティシエである妹力作のショートケーキ。写真を見てもらうと分かるんですが、とてつもない量のいちごが乗った豪勢なもの。いちごも父の知り合いの方の大変美味しいいちごで、身はしっかりしつつも、甘み十分。クリームとのバランスは絶妙。お店で買ったら結構なお値段になりそう。 ブラックコーヒーを飲みつつ、美味しくいただきました。 そして翌日のクリスマスには恒例の家飯。今年はケーキも自作してみました。 こちらは妻の強い要望があり、チーズケーキ。レシピは先日『猫のしっぽカエルの手 京都 大原 ベニシアの手作り暮らし』で見たNYスタイルチーズケーキ。が、ちょっとアレンジをしてサワークリームを乳清を切ったヨーグルトに代用して見ました。(レモンバーベナは買うほどではないので、レシピから省いてみましたが)。 通常なら見た目はもう少し白くなるはずですが、我が家では上白糖=グラニュー糖は使わず、てんさい糖を使うため色が強くなったことが考えられます。まぁ、グラニュー糖で作ったほうが見栄え良く出来るんでしょうが、要は味なので。 でも一点だけ失敗が。あ、味は全く問題なく、妻も絶賛してくれたんですが、ヨーグルトの乳清が完全に切れてなかったため、水分量が多めになってしまい、ベークドなのに若干レアな食感になったこと。食感も問題ないんですが…70点位でしょうか?次回作るときには、きっちり乳清を切ってみようと思います。 そうそう、もちろん恒例のディナーも作りました。今年はシーフードラザニア(合作)を、ホタテの入ったトマトソースと、カニ身入りホワイトソースで作ってみました。こちらもいい出来でした。あとは妻特製の野菜スープ、卵入りサラダと自家製パン。テーブルにはメロン果汁入りソーダとノンアルコールカクテル。大変美味しいディナーでした。 外で食べるクリスマスディナーも良いけど、自宅でわいわい共同作業してできた料理は、染み渡ります。 そして翌日のボクシングデイ(「クリスマスプレゼントの箱を開ける日」、でも、一般的には「お古を箱にしまう日」とかも言われてますが。)には、再び実家でおでんディナー。その締めは妹が作ったミルクレープ(こちらは写真なしです)。どうやら妹は15枚もクレープ生地を焼いたようで、その手間がかかった分美味しかった。 この3日間、結構な量のご馳走をいただきました。 24日、26日とあわせてフルマラソンの距離を走っといて正解だった。(´∀`*)

左上:クリスマスイヴには実家でディナー。その時にパティシエの妹がクリスマス“イヴ”ケーキを作ってくれました。実はクリスマスとボクシングデイにもケーキが出たそうです。
左下:今年もクリスマスディナーを二人で作りました。シーフードラザニア、野菜のスープ、卵入りサラダ、そして自家製パン。
右下:私が自作したNYスタイルチーズケーキ。『猫のしっぽカエルの手 京都 大原 ベニシアの手作り暮らし』で紹介されていたレシピです。
クリスマスケーキ

0 件のコメント:

コメントを投稿