2010年6月8日火曜日

Runner's Knee

先日参加した富士忍野高原トレイルレースで感じた、膝の違和感、あれがなんなのかをやっと突き止めました。そう、その名も腸脛靱帯炎、いわゆる『ランナー膝』と言うもの。 膝の外側が痛み、屈伸するときにじんわり痛む。原因は腸脛靱帯が膝外側にある大腿骨外顆に触れて、炎症を起こすと言うもの。原因は、オーバーユース、柔軟不足、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント等が考えられるそうで、自分の場合は明らかにストレッチ不足。 当日も明らかにこの部分のストレッチはしていなかった・・・原因はこれだったか。とはいえ、下肢アラインメントも捨てきれない。
今回は比較的早く回復したけれど、今までは3~4日この疼痛が続いていたんだよね。でもなぜ回復が早かったかというと、C3fitをレース後に履いていたからのようです。このTip、鏑木さんの本に書いてあったので、試してみたんだけど、効果がありましたよ。
トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
朝霧高原トレイルランニングレース事前講習会』の時にサイン入りのを購入できてれば良かったなぁ。

でも一番大事なのは、ストレッチ。日常に取り入れる必要がありますね。早速今日から実践です。

0 件のコメント:

コメントを投稿