2010年7月5日月曜日

Krazy Wabbit @ OSJ志賀高原2010

OSJ志賀高原トレイルレース2010』は、薄い霧の中、一ノ瀬のパノラマパーキングをスタートしました。当日の9時頃の気温は19℃くらいかな?前日の夜は結構な雨量でしたので、若干心配しましたが、トレランには絶好の天気になりました。 一見してベテランと分かる猛者の方々や(ザックなしって!!)、私のような初心者の方々総勢500名ほど、が志賀高原に集まったんですね。
スタート地点から、竜王スキーパークの中腹までほぼ下り一辺倒。一部(最初と最後、中間地点のほんの一部ですが)は舗装路ですが、あとはひたすらソフトな地面。そして、前日までの雨のお陰で、水たまりと泥沼があちこちに。それでも、結構皆さんとばしますね~。今回自分はLCL損傷なのかランナー膝なのかはっきりしないのですが、右膝が心配だったのでスピードは抑えめ。登りには自信が付いてきたので、あくまでマイペースに進めました。
スタート4分前 前半10km
OSJ志賀高原トレイルレース2010、初めてのOSJに胸が高まります。ベテランから私のような初心者も。 前半10kmはほぼひたすらダウンヒル。右膝のことがあるので、あえてスピードを抑え泥道を突き進みます。

竜王スキーパークの中腹が給水地点で、10km地点になっていました。ここで一旦ダウンヒルは終わり。と言うか、ここからひたすら10km以上の登りになります。まずは、このスキーパークの斜面を登っていくのですが、結構な傾斜ですね。40度近いかな?登り切ると分かるんですが、結構なモンなんですね?でも、昨年参加された方が言うには、今年のアップヒルは大したことはないそうです。さすがOSJ!! 一旦スキーヒルは外れて、竜王ロープウェイを目指して「竜王越えツアーコース」に入りますが、ここもひたすら登りです。ここはシングルトラックですが、渋滞すらなければ結構ひょいひょい登れるトレイルじゃないのかな?あまりここの印象は強くないんだよね~。そして竜王ロープウェイの終点、「食遊館シャルム」が17km地点。ここでまた給水して、今度はガレ場を登りつつ、一路焼額山を目指します。
竜王スキーパーク 登ってきた
竜王スキーパークの中腹が給水地点で、10km地点。ここからスキーヒルをひたすら登るんですが・・・ 登ってみて分かる、この傾斜角。でも、以外とすいすい登れたのはトレーニングの効果か?

「シャルム」からテレインパークを焼額山に抜けていくんですが、こういった場所を行くのは初めてですね。でも、この頃から右膝がおかしくなってきてたんです。LCL損傷なのか、ランナー膝なのか、隠れていた物が飛び出してきました。 そうそう、ここで前日にお知り合いになった新潟のNさんと遭遇、記念に写真を撮っていただきました。でも、表情が渋い。ダメージが来ていたのバレバレだろうな~。(苦笑)でも比較的まだいけたのは、登りだったから。例の症状は下りに本領を発揮するのです。 が、焼額山を登り切ったところから、私の地獄が始まりました。「焼額山スキー場」のダウンヒル、本来ならとんでもなく楽しい所なんだろうけど、右膝が全く動きません。ひたすらの歩きになってしまいました。
焼額山への道 焼額山スキー場
テレインパークを焼額山に抜けてくんですが、結構なガレ場。こういったトレイルは初めてです。 焼額山に達すれば、あとは全て下り。ここからが私にとっての地獄が始まりました。

このヒルを一旦降りて、森の中のトレイルに入るのですが、ここはドライなら大変面白いトレイルですが、何せ黒土の泥道。足首よりも上まで泥が来てしまうので、体力を奪われ、その上右膝に全く力が入らず、つっかえ棒状態に。 ひたすら泥に足を取られ、右膝の踏ん張りがきかず、何度となくスリップしました。まだまだ成長途中の私の脚、何度となく呪いの言葉を吐きましたが、それは自分自身に矢を向けるようなもの。今はパーソナルベストが出なくてもしょうがないんだから。(でも悔しいけど) どれだけ時間がかかったかな?やっと4km地点の木道に到着、スタッフの方の声援を受けつつ、ひたすら歩きつつ、走れる傾斜は走りつつして進みますが、本当に長く感じました。いつも思う、残りの3kmほど長いものはない。
ラスト4km ゴール!!
ラスト4kmからは木道を織り交ぜたトレイルになりますが、ここも例外なくマディーな下り。 両脚に残る最後の力を振り絞り、必死のゴール。タイムは・・・今回は仕方ない。

4h45'3"だったかな?ゴールに戻ったのは。(正式な結果が出ていないので、はっきりしませんが・・・)両脚に残る最後の力を振り絞り、最後の100mを走り抜きました。こんなこと、このときに妻とY先生のサポートがなければ出来なかった。そして、沿道の皆さんの声援も力になったからこそ。本当に皆さんありがとうございました。 自分自身、不甲斐ない成績にはなりましたが、次回必ずリベンジをしたいと思います。 成績を忘れてしまえば、本当に楽しいトレランレースでした、『OSJ志賀高原トレイルレース2010』は。 自分の可能性を知り、今の限界を知ることも出来たし、新しい出会いもあり、感謝の気持ちを改めて感じる機会になりました。 OSJ志賀高原、いつかまたチャレンジします。そして、自分の本来の力を見てみたいと思う、そんなレースでした。志賀高原ありがとう、皆さんありがとう!!
アラジントレラン部@OSJ志賀高原 ナカガワさんとイイヅキさんご夫妻と
アラジントレラン部からは今回3名参加。Y先生は年代別4位、ナミさんは年代別1位!驚異的だ!! そして、志賀パークホテルでお知り合いになった新潟のNさんとIさん夫妻と記念にパチリ!

4 件のコメント:

  1. アンクル・ジョン2011年11月2日 14:57

    お疲れさまです。
    完走おめでとうございます!
    脚が万全でないのに、完走できれば大したモンです!
    朝霧ではいい勝負になりそうだね。
    それにしても、Yさん年代別4位!?ナミさん年代別1位!!?
    す・凄いな。。。

    返信削除
  2. ひでたろう2011年11月2日 14:57

    膝が完全に回復しないままのレース、本当にお疲れ様でした。
    曇り空の絶好のトレラン日和でなによりです。
    北丹沢は、予報以上に天気が良くなって、かなり暑かったです。
    朝霧までには、膝を復調させて、ベストな走り期待しています。
    しかし、あの夫婦は化け物ですね。凄すぎる。

    返信削除
  3. コメントは初めての、ひでたろうの兄です。
    最後まであきらめずに完走、おめでとうございます。
    アナウンスを受けてゴールは、気持ち良かったでしょ。
    レース後の膝の状態は大丈夫ですか?
    朝霧、フルマラソンに向けて、無理しないように治して下さいね。
    ...夫婦は、活躍しまくってますね。
    北丹沢では、トレラン部のMさんに45分位差をつけられました。
    ...さん、かなり早いですよ。

    返信削除
  4. ジョンさん>
    コメありがとうございます。
    右膝ですが、やっぱり左足首を庇ってのダメージだと思うので、このままでは朝霧も厳しいかも。ってなったら困るので、明日清水スポーツ整形外科に行って来ます。朝霧リタイアって一時思ってたけど、何となく諦めきれなくて。明日先生に見て貰って、判断します。
    ひでたろうさん>
    土曜日は最適なコンディションでしたが、50Kを参加したY先生、濃霧で4度もコースアウト、その上結構な雨だったそうです。
    ひでたろうさんも、北丹沢お疲れ様でした。
    もうそろそろ、まともにランが出来ない気温になってきますね~。
    じんべーさん>
    初コメ、ありがとうございます。
    じんべーさんも北丹沢お疲れ様でした。
    OSJのあの雰囲気、楽しいですね~。
    ゴールしたときに、名前とチーム名をアナウンスしてくれたんですが、「アラジン」にむっちゃ反応してましたよ。(笑)
    アラジントレラン部、猛者ばっかりだから。(笑)

    返信削除