2010年5月10日月曜日

東京出張の日

今日はお仕事の関係で、霞ヶ関にある農林水産省の本省に行って来ました。2ヶ月に1回位かな?出張するのは。で、ここには何度か足を運んでるんですが、安くてウマいとの噂の『藪伊豆』にランチに行って来ましたよ。 今週は米粉関連の展示会がやっている関係で、『藪伊豆』でも「特製ごまだれ米粉うどん」なる物が提供されていました。で、お値段なんと400円。霞ヶ関のど真ん中でこの価格は奇跡なんですが、さらに産地直送の天ぷら付き。食べないわけにはいきません。 で、一言。ウマい!天ぷらはなす、ピーマンとサツマイモですが、こちらは事前に揚げてあったので、若干マイナスですが、元の素材が良いのでノープロブレム。米粉うどんも腰があって大変美味しかった。ただ、ごまだれの量が異常に多かったかなぁ。 噂は本当でした。
藪伊豆 特製ごまだれ米粉うどん
農林水産省本省の『藪伊豆』は安くて美味しいと聞いていましたが、初めて入って来ました。 今日は米粉イベントがあったので、「特製ごまだれ米粉うどん」野菜の天ぷら付きがありました。

で、仕事が一段落付き、時間に余裕が出来たので、皇居周辺をウォーキングしてきました。今日も沢山のランナーに追い抜かれましたので、私も衝動に駆られて走り出しそうになりましたが、スーツだし、今朝捻挫したばっかりだし。(苦笑) 初めて知ったのですが、内堀通りの歩道、47都道府県の県花のタイルが埋められてたんですね。以前走ったときは、お堀と石垣ばっかり見てたので、気づかなかったなぁ。 で、竹橋を歩いていると、明治時代デザイン(鹿鳴館時代くらいかな)のドレスを着た女性2人がおじさまと写真撮影していました。1人は桃色、1人は鶯色のフリル、レイヤーがある物で、ボネ付き。今日は薄曇りではあっても、それなりの気温。相当暑かったんじゃないかなぁ。
一周し終わったら、そのまま日比谷公園を横切り、東京駅に向かいます。その途中で新しくできた『三菱一号館美術館』の横を通りました。八重洲の周辺は、再開発が凄い進んでますが、ここは『丸の内ブリックスクエア』という所らしいんですが、中庭があり、大変落ち着いた空間ですね。 次に来たときは、ゆっくりしていきたい雰囲気の場所でした。『三菱一号館美術館』にも行ってみたいな。
東京、住むのはもう良いけど、たまにこうやって来てて、刺激を受けるのは凄く良いな。
外桜田門 三菱一号館美術館
時間が出来たので、皇居内堀一周してきました。外桜田門から大手門、竹橋、乾門、千鳥ヶ淵、半蔵門をまわって桜田門へ。 日比谷公園を突っ切り、つい最近オープンした『三菱一号館美術館』横を通りました。現在は「マネとモダン・パリ」開催中。

0 件のコメント:

コメントを投稿