2010年7月11日日曜日

真夜中のケーク

Paris型、パウンド型で50のケーク』を先日戸田書店で買いまして、昨日の夜早速挑戦してみたんですよ。夜中の1時頃でしょうか?ケーキは好きなんですが、つい先日妻がバナナのパウンドケーキを焼いてくれまして、ちょっと感化されたというか。 実際にこの本、シリコンのパウンドケーキ型(ハーフサイズ)とレシピ集、木製のスプーンが付いているんですが、結構ネットでの評価は賛否両論のようですね。一番の理由は、ケーク・サレ(塩ケーキ)の食材が日本で手に入らないって事かな?あとは、レシピの分量が付属のパウンド型では半分にしないとならないって言うところ。(フルサイズの分量しか表記されていないので)
ところで、このケーク・サレ(cake salès)、要するにデザートとしてのケーキではなくて、メインの添え物と考えればいいでしょうか?だからレシピにも「なすとフェタチーズのケーク・サレ」(cake aux aubergines et à la feta)とか、「エストラゴンが香るチキンのケーク・サレ」(cake au poulet et à l'estragon)とか面白い物も。
とりあえずは、今回自分が作ったのは、ケーク・スクレ(cake sucre)で「カシスと苺のケーク」です。磐田の母が作ってくれた苺のジャムと、既製品のカシスジャムを加えたシンプルなもの。ちなみにこのレシピは本には載っていませんでしたが、「りんご、洋梨、くるみのケーク」(cake aux pommes, aux poires et aux noix)のレシピを参考に、分量を半分にして作りました。でも、若干ベーキングパウダーと卵の量が多かったからなのか、それともパウンド型がちょっと歪んでたからなのか、焼いている内に中身がデロデロ出てしまって・・・。 でも、焼き上がりは上々、味も文句なし。朝食に夫婦で一切れづつ、アロマ仲間のKさんと旦那さんのRickyさんにお裾分け。 明日のお昼ご飯にもデザートとして持ってきます。
Cake au casis et a la fraise カシスと苺のパウンドケーキを食べてみた
「カシスと苺のケーキ」を『Paris発、パウンド型で50のケーク』を参考に作ってみた。 我ながら上等なできばえ。でも、ベーキングパウダーの配分が若干多かったかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿