2010年8月14日土曜日

山伏アタック

今日はTJAR観戦から、興奮冷めやらずな三人衆、私とアンクル・ジョンさん、コミさんとで、梅ヶ島の山伏(やんぶし)にトレランに行って来ました。 9時50分に梅ヶ島・新田地区奥の登山道入り口から登頂を開始しました。天気は市内が薄曇り、山伏周辺は曇り。と言うことは、山頂はガスが予想されました。気温は、登山口で27℃程度だったんじゃないかな?この2、3日の雨の影響もあり、登山道はウェット状態。特に登山道から上1km程度は沢を渡ることもありますが、スリップしやすい状態でした。 私とジョンさんは、特に駆け上がるという感じではなかったですが、コミさんにいたっては、さすがと言うべきか、軽やかに登山道を上がっていきました。スタート地点から山頂までの標高差は1,100m程度、距離としては4.2km程ですので、傾斜角は16.5度程度かな?心肺だけでなく、大腿四頭筋が鍛えられます。心拍数なんか、スタート時点は170越えてたんじゃないかな?
元わさび田、巨石を通り過ぎ、蓬(よもぎ)峠で三人集合。ここで1~2分程度休憩をし、再度山頂に目指しました。私と、腸脛靱帯損傷中のジョンさんはマイペースに上がっていましたが、コミさんは相変わらず凄いペースで上がっていきました。が、途中トレイルを下ってきてくれる心とエネルギーの余裕も。コミさん曰く、山伏の登りは富士登山競争の5合目までの様子と凄い似ているそうですので、まだまだ若輩者の私には手強いわけで。そんな中、気を遣って様子を見に来てくれたので、本当に心強かったです。
そして、11時20分ようやく山頂に到着しました。いつも思うのですが、どこの山頂も、途中の登山道の空気とは違い、凛としています。それは山伏も例外ではなかった。ガスがあたりを覆ってはいても、さーっという風が山頂を駈け抜け、常に神聖な空気が漂っていました。有る意味、神の領域なんでしょうね。今日も登頂させて頂いたことに感謝です。 今回TJARに参加されたランナー達は、こんな風に山の嶺々を縦走してきたんでしょうね。改めて、彼らの偉大さを感じずにはいられません。ここまでに辿り着くのでさえ、相当の苦労なのですから。
さて、15分ほど休憩した後、トレランの醍醐味であるダウンヒルを開始しました。トップはコミさん、ジョンさんは腸脛靱帯なので、ゆっくりと、私は今の自分に出来るだけのペースでケガ無く降りてくることを心がけました。 とはいえ、これだけの傾斜角と路面状態です、スピードが出てしまってなかなかコントロールが難しい。滑走、これが近いかも。中間地点の蓬峠までは特に問題はなかったかもだけど、そこから下は岩場で、さらにウェット。ここで休憩を取ってしまったので、足の踏ん張りがちょっと効きにくくなったかな?岩場が多くなり、次第に進みづらくなってきます。スピードは、全く出ませんでしたね。結局登山口に戻ってきたのは12時16分。往路1時間半、復路30分程度かなぁ? でも、本当に楽しいトレイルでした、山伏は。
登山口の滝の前で5分ほど休憩、ジョンさんとコミさんが到着です。どうやらジョンさんは腸脛靱帯が悪化したらしく、満足にダウンヒルが出来なかったそうで、コミさんは転んだ際に左腕を捻ってしまったとの事。戻るなり、二人は滝でアイシングを始めました。本当に涼しいんですよね、この時期にかかわらず。
で、3人で黄金の湯で昼ご飯。次に来る時は、着替えを持って、温泉にも浸かっていこう。そんなことを話していると、突然ジョンさんの携帯にメールが。
山伏アタック開始 山伏山頂
今日は、アンクル・ジョンさんとコミさんと三人で梅ヶ島の山伏(やんぶし)にアタック。 標高900m位から、2,000mまで駆け上り、4.2km程。登頂まで1時間半ほどでした。
ヤナギラン 水浴び
頂上はガスっていましたが、なんと涼しいことか。そんな中、ヤナギランが美しく咲いていました。 最後には、山伏登山口すぐ横の滝でアンクル・ジョンさんとコミさんがアイシング。

TJARのランナー、間瀬ちがやさん、船橋智さんがアラジンさんに向かっているとのこと。急いで一路市街地方面へ。すると門屋で間瀬さん発見。
間瀬さん発見

3 件のコメント:

  1. アンクル・ジョン2011年11月2日 14:57

    ...日間もお付き合いいただき、ありがとうございました!
    本当に充実した3日間でしたよ~
    流れ星が見れなかったのが、唯一の心残りですが(笑)
    山伏では足を引っ張ってしまい、申し訳なかったです…。
    朝霧までには治らないかな~出れば地獄を見そうですが、ショーゴさんやTJAR選手達の苦しみに比べれば、腸脛靱帯炎くらいで諦められません!
    また山に行きましょ!

    返信削除
  2. ひでたろう2011年11月2日 14:57

    なんか、3人で楽しそうですね。
    誘ってくれれば、鳳凰三山なんか行かずに、山伏に駆けつけたのに。
    それにしても、3日間も、応援お疲れ様でした。
    しらとりさんのコメントにもあったけど、ショーゴさんの応援で一区切りつけちゃった感じで、一人でアルプスなんかに出かけてしまって、ずっと応援していた人たちに、頭が下がる思いです。

    返信削除
  3. ひでたろうさん、コメありがとうございました。
    私もひでたろうさんのブログ見て、是非鳳凰三山も行ってみたくなりましたョ。
    でも、ひでたろうさんも来たら、ものすごいハイペースになった予感が。(笑)

    返信削除