2011年7月11日月曜日

シャリ欠と脱水とフレディー・マキュリーと

日曜日も、全国的に暑かったですね。これだけの猛暑にもかかわらず、どこも「計画停電」の「け」の字も報道しませんし、新橋駅地下のフラットパネルでも「計画停電」の予定はブランクでしたが、どのお宅もエアコンフル稼働しているであろう今日この頃。「節電、節電」言われてエアコンをつけないで、部屋の中にいて熱中症の人たちが出るほどの猛暑の7月。30度を超えるのが当たり前になってきている今日この頃、ランナーにとって、何時の時間帯に走るのがベストなのかは、生死を分ける選択肢です。 日中、日差しがギラギラする中走ってるランナーを度々見かけますが、体に悪いというか、ランニングを続けられなくなるんじゃないかと思う。苦行以外の何物でもないっすよ。 ということで、私もいろいろと考えているんです。夜にしようか、早朝にしようか、それともトレランオンリーにしようかと。でも、先日至った結論は、中距離を走らないとまずいということ。なんせ、9月の朝霧高原、今まで走った事のない34kmのトレイルに挑戦するんです。思い出せば去年のOSJ志賀高原、27kmを腸脛靭帯炎という爆弾を抱えながら走ってエライ目にあいましたから、遊んでるわけにはいかない。 かといって、20km超のトレイルをソロで行く事も出来ないし、と言うかそもそもそんな長いコースは知らない。(あ、忍野に行ってくるのもありだなぁ。) まぁ、とりあえずは、左足首周辺の筋肉を強化する事、中距離をコンスタントなペースでロード走る事を当面はトレーニングメニューにしました。ここで変にペースアップしても仕方ないし、必然的にレースのときはペースが上がるもんだし。で、ロードはどこが良いかといえば、行きが登りで、帰りが下りの周回コース。ということで、安倍川沿いに北上して、油山の曙橋を折り返して安倍街道を下ってくるコース。25km。 時間帯は、夜だと蜘蛛の巣攻撃とかがあるので、出来れば朝、日が昇っていない時間が良いな。ということで、午前5時スタートで行ってきましたよ。この時期の5時ともなると、流石に明るくなってきてますが、幸いなことに曇っていたので、曙橋までは軽快に走れました。途中5時50分ほどに妻から電話が。静岡で直下型地震が起きてたそうで、まぁ、震度は2だか1だったようなんですが…気付かなかった。(笑)その後も大したことなかったようで、そのままランニングを続けます。 で、ここで誤算が4つ。 まず1つ目は、6時半ともなると日差しが半端ないということ。これから休日に走るときは、4時か3時半スタート必須です。日差しの照り具合が半端じゃない。 2つ目は、ランニング前に「ロールちゃん」2/3本はシャリ欠につながるということ。おかげで今日の筋肉痛が半端ない。筋肉中のグリコーゲンのリザーブが消費されちゃったんでしょうね。いくらなんでも、空腹で給食なしの25kmランはないなぁ。 3つ目は、小銭をもってこなかったために、途中での水分補給が出来なくなった事。流石にロードで25km程度ですので、つい最近購入したNathanのSpeed2を持ってったわけですが、2つあるフラスク併せても20 fl oz(600ml弱)、この炎天下で途中の補給なしでは脱水になります。途中の公園で水飲み場がなければ、完全に脱水症状確定でした。 4つ目は、ランTの選択。通気性もよさそうなので湘南国際の時に参加賞で貰ったDry-FitのランTを着てったんですが、汗が全く乾かない。Dryじゃないじゃん!「吸汗速乾性」っていうけど、汗を吸収するのは良いけど全く乾かない。おかげで水の膜が体を包む結果になって体に熱がこもる。 すべての面で失敗でした。(笑)
まぁ、失敗だったけど、これを次に活かせばいいさ。 次は事前にしっかりご飯を食べて、4時スタート。小銭携帯して、適切なランTを着る事にします。 そして、平日夜の地下足袋ラン(11km)と併せてトレーニングしよう。
Nathanランニングウエストバッグ スピード2
最近中距離を走るのにハイドレバッグはなぁ、って感じてたので、NathanのSpeed2を購入しました。ポイントは前面をベルクロで止めれる事と、伸縮性の高いベルト、左右対称に配置した10fl ozフラスク2個。

で、日曜日はこれだけでは終わらない。 ランニングから帰ってシャワー浴びても、世の中は猛暑の午前9時前。当然のことながら、暑い。 クーラーや扇風機を使ったところで完全に暑さをどうにかできるわけでもなく、かといって暑い事を理由に何もしないのは、本当に生産性がない。ランニングを始めてから、一日ぼーっとすることが苦手になった。せめて何かしようと前日から妻と相談していて、たどり着いた結論は、カラオケorボーリング。午前中動いたけど、ボーリングぐらいの体力は存分に残ってる。カラオケは…何を歌おう? 実家の母から頼まれた用事を済ませ、妹達2人と妻、自分4人でラウンドワンに行くことにした。自宅の電気を消費せず、快適な温度で何かをするにはもってこい。同じように考えてた人も多かったみたいだ。
ついてから、ボーリングではなくカラオケにしようということになった。…さて、自分は何を歌おうか?困った事に、自分が効く曲はことごとく自ら再現できない曲ばかり。デヴィッド・ボウィQueenAC/DCGorillazRHCP…、女性の曲も多い。サラ・ブライトマンなんか再現しようとも思わないけど。(笑) 案の定、部屋に到着しても長い間曲を決められなかった。 妻とも話してたんだけど、最近のカラオケは冊子が無くなったから逆に曲を選びにくくなった気がする。冊子をぱらぱら捲っていて歌える曲を発見することも多かったんだけど。いっそのこと、パッド形式のリモコン端末にして、冊子をめくれるギミックを搭載するのもいいんじゃないかな?これだけスマホやiPadが普及してるんだから。 そんな事を考えながら、やっぱり選んだのは洋楽。Queenの”I was born to love you”。先日NHKの『SONGS』でQueen特番を見て、再びQueen熱が再燃したのです。再燃、というより発火剤を炎に投入するような感じか?本人映像なのが嬉しいし、歌わなくてもいいくらいだ。 それにしてもいつも思う、英語の歌詞のルビ、煩いから非表示にできないかな?邪魔で歌いづらい。まぁ、フレディーの真似どころか、高音域に全く手が出せなかったけど。(笑)
次に来るときは、歌える曲を用意しておかなきゃな。とはいっても、カラオケのためだけに曲を覚えるのはしゃくだからなぁ。
Freddie Mercury
久しぶりのカラオケ。ハッキリ言って私はカラオケが苦手だ。自分の聞く曲は、自ら歌えないものばかり。 Queenの”I was born to love you”。本人映像なのが嬉しい。流石にフレディーの真似は出来なかった。

2 件のコメント:

  1. アンクル・ジョン2011年11月2日 14:57

    お!QUEENいいっスね~
    音もですが、歌詞が凄く凝っているので、飽きませんね。
    マニアックですが【’39】が好きです。
    ま・同じく歌えませんが…(笑)
    また一緒に走りましょう!

    返信削除
  2. ジョンさん、コメありがとう。
    QUEEN、やっぱりいいよね。
    音楽性も飛び抜けてるけど、あのフレディー・マーキュリーの歌唱力は今聞いても素晴らしいと思う。全く色褪せない。
    自分の一番好きなのは…『Killer Queen』だね、王道だけど。
    ひとつのグループから、あれほど多彩な音楽が発表されるっていうのは、稀じゃないかなぁ。
    いやぁ、最高です。
    P.S. そうそう、またトレイル入りましょう…ついて行けるかは、自信ないけど。(笑)

    返信削除