2011年8月29日月曜日

朝霧トレイルランニングレースの試走

8月28日、妻がアロマセラピーの研修に泊まりがけで行った事もあり、この日は「朝霧トレイルランニングレース」の試走に行ってきました。大会1週間前、どのくらいの距離を走るかは決めてませんでしたが、出来れば竜ヶ岳まで登頂してみたいと意気込みながら。レース1週間前だし、ネットで試走の際の注意点とか掲載されてるので、期待して行ってきましたが…。
今回は朝霧アリーナに駐車して、ソロで行ってきました。今回の試走でNGゾーンが「朝霧野外活動センター」と「ふもとっぱら」、と2か所あるので、そこを避けた形でコースを試走。松下牧場を右に折れ、国道139号線を渡り、東海自然歩道のルートに入ります。東屋までは一箇所登りがあるくらいで、後は比較的フラット。コース上に垂れ下がってきていた木の枝がかなり気になりましたが、この日の気温も涼しくかなり走りやすい。 にしても、試走の跡が全くなくて???な気分でした。1週間前なのに、人入ってないのかな?(後で知った事ですが、同じ日にひでたろうさん達も試走に来てたんですね。) で、東屋からA沢貯水池、竜ヶ岳までが重要かつ楽しい行程のはず、ですが…未整備のジャングルでした。笹なのかな?背の高い草木が歩道に倒れ込んで来ていて、かすり傷だらけに。とてもじゃないけど、先に進む気にはなれなかった…、なんかすごく悔しい…。と言うか、ここ人余り通ってないし、1週間前なのに整備されてないんですね…。でも、整備するのだって時間も労力も掛かって関係者の方々一苦労でしょうから、ここは来週の本番を期待し、素直に折り返し。今回もう一箇所行っておかなければと思っていた最後の上り坂に。 このラスト1km、ここまで31kmトレイルを走ってきたランナーたちに容赦ないなぁ。でも、前を見過ぎると精神的に追い込まれるので、ここは2.5m先を見ながら進みます。そうすると、思ったよりきつくない。当日も同じように走らないとなと思ったものの、どうだろう?トレイルで30km越えは初だから…。でも、志賀高原に比べたらなんとかなりそうな気がするよ。
でも、竜ヶ岳に登れないのはちょっと悔しいので、本栖湖側の登山口にも行ってみましたが、朝霧アリーナでいったん走り終えてしまってるので今回はやる気が出ず、アタック断念。本当は通しで走ってみたかったけど、仕方がない。そういう日もあるさ。
で、帰りに「富嶽温泉 花の湯」でひと汗流しました。色々な風呂があって、試しまくったんですが、「死海風呂」には参った。かすり傷が痛いのなんのって。でも、「高濃度炭酸泉」は走った足の疲労をスッキリ抜いてくれました。おかげで筋肉痛全くなし。来週もここ帰りに寄ろう。
朝霧の最後の上り坂
こことこの先の牧場脇の自然道は良かったけど、東屋以降はジャングルで、腿も擦り傷できるし、断念。 今回はこの最後の1kmを試走できただけでもかなり違うと思う。31km走ってきた後のこの上り坂、走った事なければ心が折れる。

おまけの写真:
ヤギ、謎のポーズ
朝霧アリーナ近くの「松下牧場」の山羊たち。1匹だけ奇妙なポーズをとっていましたが、一体何の意味があるんだろう。(笑)

2 件のコメント:

  1. 朝霧はDNSですか?
    実力の程は分かりませんが、仮に台風の通過がなかったとして、ロングか予定通り開催されていたとしても、DNFだったのでは?
    ランニングの楽しみ方はそれぞれでしょうが、トレランを続けていくのには、甘っちょろいというか、覚悟が足りないような気がします。

    返信削除
  2. ぶんぶんさん、コメントありがとうございます。
    たしかに当日DNSでした。
    台風通過でコースが大幅に短縮されることは2日前から主催者側がHP掲載してくれていましたので、当日のロングがどういうレースになるかは予測できました。DNSはその上で、自分が望むレースではないと判断した結果です。
    台風通過がなければ確実に出場しましたが、それがDNFかどうかは私もわかりません。何しろ左足首に常に爆弾を抱えていますので、動かなくなったらDNFでしょうし、そうでなければ時間がかかってでもゴールしていたでしょう。志賀高原でも時間はかかりましたが、ゴールしました。
    ぶんぶんさんの中でトレランがどれ程の重要度を持っているかは容易に想像できますが、自分にとっては自然の中を走らせてもらうことと考えています。
    レースでは、同じような思いを持つ人たち(必ずしも皆さんそうではないとは思いますが)と同じ時、同じゴールを一緒に目指すまたとない機会だと思います。もちろん競技の側面はありますから、完走者数の半分以内でゴールできるように頑張ります。
    トレランをやる以上、危険予測も重要です。天候、ルートコンディション、体の調子などなど。特に自分はこのことに敏感に反応するタイプと考えて頂ければと思います。
    これがぶんぶんさんにとって「甘さ」なのであればそうでしょう、私にとっては「リスク回避」と考えています。
    これからも続けていきたいですから、私の思う「トレラン」を。

    返信削除