2010年6月20日日曜日

アラジントレラン部 満観峰ツーリング

薄曇りの空の下、アラジンさん主催の「満観峰ツーリング」に参加させていただきましたよ。 ウェザーニュースの天気予報では、、最高気温は30℃。「雨が降ったと思えば、日が差したり、空はコロコロ変わります」とのことですが、さて如何に・・・って、予報が珍しく外れてしまったのです。 スタートは自宅から、集合場所の安倍川駅の5kmほどを走っていったのですが、湿気がまとわりつくよう。この時点で結構ハイドレーションの中身が減っています。駅近くの公園に集合したんですが、参加者は総勢21名。結構な人数ですね~。自己紹介をした後に、一路満観峰へ向かいます。
今日のルートは薬師小野寺-朝鮮岩-丸子富士-満観峰のルート。安倍川駅を出て、丸子川沿いに一旦北上、若杉幼稚園沿いを井尻公民館に向かい、その先にある参道を登っていきますが・・・昨日あれだけ雨が降ったので、結構滑る滑る。コケもむしているし、さらに笹の葉も落ちているので、登る際に結構スリップします。登り切ったところに薬師小野寺があるので、この裏からトレイルに入ります。
朝鮮岩へのトレイルは結構登りがキツく、心肺強化にはもってこい。トップを走るひでたろうさん、ジョンさんが結構早い。今回初参加されたトライアスリートの方も、結構なペースで上がっていきます。私はひでたろうさんのお兄さんの仁志さんとそこそこのペースで登りました。 この朝鮮岩、実は「丸子晁西(ちょうせい)岩」が本来の名前だったそうで、この晁西がなんなのかは、ネットを調べても出てきませんでした、なんだろう?で、それは良いとして、先頭集団に送れて朝鮮岩に到着。本来ここでは静岡市内を一望できるスポットなのですが、本日はだんだん天気が怪しくなってきて、市内は霧がかってしまっていて、残念。
ここにいても寒いだけなので、次の中継点、丸子富士に向かいます。ここでも先ほどの先頭集団が、もの凄いペースで駆け上がっていきます。ここからはMさんと仁志さんと3人でマイペースで行きました。しっかり会話が出来るペースなので、心拍数はさほどだったかもしれないけれど、やはり一部区間ではキツかった。それにここあたりから、腸脛靭帯が再び暴れ始めました。ん~、今回のツーリング後は一旦ランニングはストップだなぁ。 んでもって、ここの下り区間かな?イキナリ賑やかな将悟さんの声が背後から迫ってきたかと思ったら、猿のように下っていきました。あの走り、やっぱりタダモンじゃねぇ。次元が一つも二つも違う走り方で、あっという間に視界から消えました。(笑) で、仁志さんから下りのテクニックのレクチャーを受けつつ、走り続けると分岐点があり、ここで再び小休憩。将悟さん、この分岐点で後続を待つためにあれだけ走ったんだな。(笑)
で、ここの分岐点、全員がキツい登り区間に導かれて(笑)、丸子富士に到着しました。ここ自体は特にスペースはないので(ちっちゃなお宮は有りますが)、小休憩後再びスタートです。この頃からかな?霧が濃くなり、ぱらぱら雨が降り始めてきたのは。でも、満観峰に到着する頃にはそこそこの降りになりました。
満観峰、本当はここの眺望も良いんだろうけど、天気はだんだん下り坂に。全員で集合写真を撮っていただいたときには、本降りになり始め、下り始めたときには豪雨に!それも落雷が! 下りはお茶畑のアクセス道を降りていくのですが、滝のように泥水が流れている!それにここで腸脛靭帯に再び痛みが。下りこそ面白いところなんだけど、ここは大事をとってゆっくり降ります。 うひゃー、これは凄い!!ガシャ降りです。みんなが林道の所にあるシェルターで待機をしてたんですが、ここに無事到着した頃には、降りが治まってきましたが、凄かったなぁ。っていうか、ここで雨がやみました。なんだった?
あとはゆっくり林道を降り、小坂に。途中から安倍川駅に戻るグループと用宗駅に戻るグループの二手に分かれたので、私は安倍川駅グループと一緒に自宅方面に向かいます。でも、右膝に爆弾を抱えているので、普段のペースではとても走れませんでした。が、そのペースにあわせて仁志さんが走ってくれたので、二人でそのまんま自宅方面に。意外とご近所だったんですね、仁志さん。今日はありがとうございました。
本日の総走行距離は約21.5km、月間は113kmで、ここでランニングは2週間ほど封印。ランナー膝の回復を優先して、ここからはスイムに切り替えます。 志賀高原、めいいっぱい楽しみたいですからね。
小野薬師寺 朝鮮岩からの眺め(用宗港)
小野薬師寺で一旦集合して、本格的にトレイルスタートです。でも、ここまでの参道、スリッピーだったなぁ。 で、朝鮮岩に到着。ここからは、晴れていれば用宗港だけでなく、市内も一望できます。霧がかかってます。
将悟さん@朝鮮岩 集合写真@満観峰
で、我らアラジン・トレラン部主将、完全復活です。将悟さん、このあと猿のように山を駈け降りていくシーンも。 最後に参加者全員(ケガされた方とアラジンのスタッフさんは、このあと合流でした。)でパチリ。この直後、もの凄い雨と雷が襲ってきました。

3 件のコメント:

  1. アンクル・ジョン2011年11月2日 14:57

    お疲れさまでした。
    無事帰られたようで、良かったです。
    私も先頭集団にはついて行けず、練習不足を痛感しました。
    あんな土砂降りの雨のなか走るなんて、貴重な体験だったな~
    ...人じゃ絶対走らない状況ですもの。
    あの後、焼津のお風呂に入りに行ったYさん、Mさん、私の男性人3人、薬草風呂に入ったら、大事な所がエライ事になってしまいました(笑)。
    ランナー膝は厄介ですよね~無理ぜずに。

    返信削除
  2. ひでたろう2011年11月2日 14:57

    昨日はお疲れ様でした。
    たいして長い距離を走ったわけではなかったですが、
    とっても充実した走りになりましたね。
    次の志賀高原のレースも、雨の可能性が大きいから、
    昨日のことが良い経験になればです。
    志賀は、しょっぱなからひたすら下りだから、
    しっかり膝のケアをして、楽しんでかっとんできてください。

    返信削除
  3. ジョンさん>
    聞きましたよ~、Y先生も大変な目にあったって。(笑)焼津のサンライフとか、塩分が多い温泉ですから、擦り傷とか炎症起こしている部分には沁みる沁みる。
    アンダーウェアの選択も大事ですよね。志賀の時にはロングタイツで挑もうと思います。
    ひでたろうさん>
    満観峰、良いツーリングでしたね。ああいう天候に遭遇できたのもいい経験です。悪天候で走ったと言っても、駿府の時くらいですから。
    ランナー膝、結構曲者です。(苦笑)走れないストレスったらないですね。志賀までひたすら我慢です。(笑)

    返信削除