2011年8月13日土曜日

玉川トレイル 試走第壱弾

お盆休み第1日目、今日は妻が友人とアロマの練習会を開くということで、私は玉川にやってきました。そう、『玉川トレイルレース』の試走です。私の参加するのはショートということで、その一部区間を走ってきました。 今回は全コースを走るつもりはなく、どちらかというと登りの感覚をつかむため&朝霧に向けての練習。このところすっかり筋力が落ちてきてしまっていて、自宅で筋トレを継続していたのですが、その調子を確認することもひとつの目的。あともうひとつ大切なことは、キツイと言われる『玉川トレイル』序盤の登り、コレがどれほどのものなのかを確認したくて。 最初の登りが300m強を一気に上がり、ちょっとした下りの後、200m近くをさらに登るというもの。今日は主に最初の登りに焦点を当てました。なんと言っても此処の感覚をつかまんことにはレース当日も難しいと思われる。
さて、トワ山にアクセスする入り口はどこなのか、散々迷いまして…トレラン部先輩のアンクル・ジョンさんに電話で聞いてみました。いやぁ、いつも助かります、無事登山口を見つけることができました。写真を見るとわかるんですが、現時点ではちょっと分かりづらいかな?玉川から吊り橋を渡ってくるなら、渡りきったダートを右折して直線、どん詰まり(左下の写真の左側)にあります。(ピンクのビニールテープをしてくれてあるのでわかりやすい) 入り口から一気に300m今日を登っていくのですが、道幅は人ひとり分。傾斜も後半から直線に上に登る形になるので、此処は渋滞するでしょうね。走って登れるところじゃ…ないですね。私も諦めました。(笑)ただ収穫としては、大腿四頭筋がそれなりに出来ていたこと。まぁ、もっと強化しないといけないですけど。 それにしても驚いたのは、そこかしこでセミに遭遇したのですが、足元から飛び立つという奇妙な光景。よっぽど天敵がいないのか、一歩歩くたびにセミがびっくりして飛び出してきました。(笑) で、300m分登りきると、右下のような風景が広がってます。(偶然にも同じ写真がひでたろうさんのブログに掲載されていて、笑っちゃいましたが。(笑))
此処で林道に接続しているので、道なりに下って行きます。すると有名な『桂山展望台』が。実物を今回見たのですが、基礎の部分とかしっかり作ってあって、良い材も使われてて玉川のみなさんの愛情を感じます。この展望台に取り付け予定なのか、「桂山」のサインが置いてありました。ここからの玉川、いい眺めですね~。 で、ここからさらに林道を下ったら、今度は左側を登っていくようです。 実はここから打越峠に向かうはずなのですが、天候の悪化があり、引き返すことになりました。雷もなってたしねぇ。これ以上上に行くのは得策じゃないと判断したので。ここから来た道を帰りました。 それにしても、最初の登り部分、降りるときは10分もかからなかったなぁ。それだけ急激な登りってことか。
玉川トレイルレース』、本当に楽しみです。このコース、走ってて楽しい。さすがに激登り、激下りがあるからそれなりに脚には来ますが、当日も楽しいレースになりそう。お盆休み、もう一度走りたい気がします。(走れるかどうかは、スケジュール調整の必要がありますが。) それにしても、XCountry、やっぱり正解だなぁ。自分の走りにしっくりくる。イイもん買うた!!
桂山林道接続点
吊り橋を背中に右に伸びるダートを行き止まりまで行くと、登山道があります。ちょっとわかりにくいかな? 最初の登りを登りきると、こんな景色が見えます。ここで標高500mほど。ここで林道を一旦下ります。
桂山展望台からの玉川
すでに数々のブログで掲載されている「桂山展望台」、実際に見てみたら写真で見たとおり立派で、良い材を使ってます。愛情を感じますね。

2 件のコメント:

  1. アンクル・ジョン2011年11月2日 14:57

    展望台まで行けたようで、ひと安心~。
    後半で迷いそうな所を書いておきます。
    トワ山から下りきってロードに出て右へ少し行くと、トレイル入り口に赤テープが付いてますが、それはロングコースなので、要注意。
    ショートはその少し先の入り口に鎖がある林道です。
    林道の終点からはモノラック沿いを下ってください。
    モノラックが無くなって開けた所にでると、激下りが待ってます。
    慎重に下ると、後は気持ちのいいトレイルですよ~。
    木橋を2回渡って少し走るとロードへ出ます。
    道なりに下っていけば、スタート・ゴール地点に帰ってこれます。
    昨日モモンガさんと追加のテープしておきましたが、地図は必要ですね。
    試走して分り辛い所があれば、教えてください。

    返信削除
  2. おお、ジョンさん、追加情報ありがとう。
    たしかに、どちらのコースに入るにしても、地図なしじゃリスク高いですね。監督が9月上旬には公式HPにアップしてくださるとのことですから、それを待つのもあり。
    それから、トワ山下りの分岐点の情報もありがとう。
    今度試走するときにはそれに気を付けて行ってきます。
    みなさんも、くれぐれも迷わず試走に行ってきてください。
    (トレラン部の猛者の方々は、心配ないか(笑))

    返信削除