2011年11月1日火曜日

玉川トレイルランニングレースに向けて

さて、今週末は玉川トレイルランニングレースな訳ですが、なかなか試走に来るチャンスがなかったのですが、やっと先週末に全行程を確認してきました。この日はちょうど運営の皆さんがコースのマーキング等を行っていた日。ショートコースの最初の登りでアンクル・ジョンさんと遭遇。新しいテープでマーキングしてくれていました。(お疲れ様です)また、帰りには村越監督達にも遭遇。このイベントを支えてくれている皆さんに感謝です。 さてさて、今回はコースの撮影と下見が主目的、右手にデジカメを常時持って走っていたので、のんびりペースです。が、動画を見て貰っても分かりますが、流石に玉川トレラン、登り区間はきついですね。もちっと効率よく呼吸ができれば助かるんですが、なんとも。 そうそう、ハイドレーションは少なめの1L弱持って行きましたが、ショート参加の皆さんは600mLで十分ですね。林道佳山線にある展望台にミニエイド、打越峠にエイドがありますので、十分でしょう。あとは天気次第ですね。どうやら、曇り→雨の予報の様なので…。
このショートコース、登り個所は①【金久保橋を渡ってすぐの舗装道】、②【トレイル入り口~林道佳山線接続点】、③【タル頭トレイル~永遠山】、最後に④【打越峠~モノラック】ですかね。キツイのは①と②かな?①はやっと足が慣れたころに急に登るので、周りにつられて飛ばしてしまいそう。②は、長く感じますね、距離の割には。登り切っても4.1km地点。それに渋滞になりそう。③と④は大したことないと思います。 そうそう、当日雨が降ると想定すると、【林道佳山線接続点~タル頭入口】、【タル頭トレイル】中盤、それから【打越峠~モノラック】の序盤はぬかるみますね。それから【モノラック】からの区間は滑るかもしれないので、注意が必要かも。と言うか、【モノラック沿い】のところは天気が良くても滑るかもしれないので、足元は十分注意して進む必要があると思います。この【モノラック沿い】の区間は数少ない下り区間ですが、道幅が狭く、前のランナーを追い抜くのはとても無理。この道幅は【丸太橋2】まで続きます。(【丸太橋1~丸太橋2】はかなり道幅が狭い場所があるので、足元注意。) 順位とタイムを狙う人は(ア)【スタート~トレイル入り口】、(イ)【林道佳山線接続点~永遠山分岐点】、と(ウ)【打越峠~モノラック】 までに前に行く必要があると思います。
全体的に走ってみて、このショートコースは登りが得意な人が有利と感じます。下りを得意とする人には、若干不利かな?【永遠山~打越峠】の下りは、あっという間に終わりますし、【モノラック沿い】も跳ばせません。この日はテーピングもしていかなかったので、弱い左足に大打撃、2回捻ってしまいました。レース当日はがっちり固定する必要ありです。 が、楽しいコースであることは確かです。今から楽しみで仕方ありません。
当日予報では曇りですが、気温も最高気温が24℃まで上がるそうなので、シェル程度でも十分ではないかな?ロングスリーブだけだと肌寒いかも。とにかく、思いっきり玉川トレランを楽しんで走りたいと思う! とはいえ、2日後に香港出張なので、怪我はしないようにしないとな。
ちょうど天気も良く、晴れ渡っていた玉川。流石に森の中は肌寒かったですが、走りやすい陽気の中、ショートコースの全行程を試走してきました。その時の様子をデジカメで撮影してみました。流石にコース後半の下り坂は撮影しながら駆け降りる勇気はなかったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿