2011年1月3日月曜日

走り初め2011

あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします。皆さんのお正月は如何ですか?
我が家は平穏な正月を迎えることが出来ました、本当にありがたいことです。 静岡は晴天に恵まれ、何とか初日の出を拝むことも出来ました・・・自宅からですが。(笑)
元旦には近所の神社で新年の集まりに参加し、午後には夫婦で浅間神社に初詣。 そしてその後は『ニューイヤー駅伝2011』を鑑賞。元東海大の佐藤悠基(現・日清食品グループ)の走りに感心していました。走るようになってから1年と5ヶ月。3年前までは駅伝見たこともなかったなぁ。 『ニューイヤー駅伝2011』の最後は団子になっていましたが、見事にトヨタがトップを守り抜き優勝、続き富士通と日清製粉グループがそれぞれ2位と3位。
昨日、今日は『箱根駅伝』をテレビ観戦。 相変わらず東洋大・柏原竜二君は凄かった。5区での彼の走りは凄かった。昨年は不調続きだったそうですが、それを払拭する走り。区間新は逃したモノの、3年間連続で区間賞を獲得。やはり登りは辛そうでしたが、『山の神』(今年は『神童』になっていましたが)と言われるだけある。 2位で走っていた東海大の早川翼君、柏原君に抜かれたときには思わず笑ってしまっていましたね。あれだけの勾配であれだけのペースで駆け上がれるって、普通じゃあり得ないですもんね。 往路は見事に東洋大が制覇、ですが早稲田も27秒差で2位。東海大は東洋大に遅れること1分57秒で到着。2日目の復路が楽しみな展開になりました。 その後私は妻とショッピングラン。私たちを見た人たちは、絶対に『箱根駅伝』に感化されたと見たに違いありません。(笑)2011年の走り初めは4.4km、とは言え、ランとウォークを交えたモノでしたが、良いスタートだったと思います。
で、本日は『箱根駅伝』の復路を観戦。7区を観戦した後は、妻の実家まで足を運び、新年のご挨拶。そこでも駅伝観戦は続きます。義母は駅伝好きなので、家族4人でおせちを囲みながらの観戦となりました。 いやぁ、10区のトップ争いは見事に早稲田の勝利となりました。東洋大の山本憲二君、一時1分20秒程あったタイム差を20秒程までに縮めることが出来たモノの、ついに追いつくことが出来ませんでした。早稲田は18年ぶりの『箱根駅伝』制覇だったそうですので、喜びも一入だったでしょう。それも大会新の10時間59分51秒!! ドラマは此処だけではなかったですね、今年の『箱根駅伝』。10位シード争いも凄まじかった。國學院大・寺田夏生君、ゴール直前にコースアウトして危うく11位になるところでしたが、何とかリカバーして10位入賞。城西大は、本当に残念だったでしょうね。 駅伝、マラソンやトレランにはないドラマがあって、良いですね。一度現地で観戦してみたいな。
さて、駅伝も見終わったし、明日からまたトレーニング再開です。手始めに、登坂練習をしようかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿